HOME > 2022年03月

2022年03月

SEO検定1級とは?1級の概要、試験範囲、合格率を解説

2022年03月21日
SEOはWebサイトをGoogle等で上位表示させるために必要な施策です。
SEO検定1級は、SEOに必要な知識の習得を目的としています。
今回は、SEO検定1級の試験概要や試験範囲と合格率について解説します。

SEO検定とは?


SEO検定は最新のSEOを学び実践するために開設されました。
検定に合格するとSEOの知識があるとみなされ、スキルを可視化できるメリットがあります。
コンサルティングの仕事をしているのであれば、SEOの改善案にも説得力が生まれ、提案しやすくなるでしょう。

検定は4級から1級まで4種類あります。
今回の記事ではSEO検定では最難関の1級がどのような検定なのか、試験範囲について説明します。

試験概要


試験概要は一般社団法人全日本SEO協会のSEO検定1級公式サイト(以下、公式サイトと表現)に記載されています。

SEO検定1級で学ぶ内容は以下の5つです。

1、モバイルサイトのSEO
2、スマートフォンアプリのASO
3、ローカルSEO
4、ナショナルSEO
5、ペナルティからの復旧

1つずつ見ていきましょう。

モバイルサイトのSEO


SEO検定1級ではGoogleが近年重視している、モバイルサイトのSEOを学びます。



2017年より前は、Webサイト制作やSEOは、デスクトップ版もしくはPC版の対策を重点的に実施してきました。Googleでも検索順位を判断する基準は、PC版Googleの情報を元に算定していました。

2017年よりスマートフォンやモバイル端末の普及に伴い、Googleはモバイルファースト、モバイル第一主義へと方針を切り替えます。GoogleはSEOの表示順位を決めるアルゴリズムも、モバイル版のサイトを元に順位を算定すると決めました。

モバイルファースト提唱に伴うSEOの方針転換


Googleは、モバイルサイトの表示順位が上がると、PC版も表示順位が高くなるようにアルゴリズムを変更しています。
モバイル版を起点としたサイト構築と、PC版にもよい影響を与えるような改善が求められるようになりました。Googleと同じようにモバイルファーストで考えなくては上記表示ができないため、方針転換を余儀なくされました。
2017年に提供開始したSEO検定1級は、Googleのモバイルファースト提唱と同時期に始まった検定です。最新のモバイルサイト最適化を説明しています。

スマートフォンアプリのASO


続いてSEO検定1級では、より高度な応用方法としてスマートフォンアプリについて説明しています。



スマートフォンを使うとき、ブラウザでサイト閲覧をしますが、アプリを使う機会も多いのではないでしょうか。

Webサイトほどではないにせよ、世界そして日本国内でも星の数ほどアプリが存在します。

新聞やニュースなどのアプリ、LINEやFacebookやTwitterなどのSNSアプリ、YouTubeなどの動画アプリ、ゲームアプリなど多数のアプリをダウンロードして使用する機会が増えました。
Webサイトと同様に、アプリも検索画面から自分のアプリを見込み客に発見してもらうのは困難です。

アプリストアでのSEO〜ASO〜


スマートフォンのアプリは、AndroidであればGoogle Play、iPhoneであればApp Storeでアプリを検索し、ダウンロードして使います。

アプリ開発が進み、無料・有料のアプリも増えています。Google PlayやApp Storeで上位表示させて、見つけてもらう対策が必要です。

WebサイトのSEOと同じような競争が生まれているので、アプリの検索エンジン最適化が必要なので、SEOにちなみASOと呼ばれています。

米国で行われたアプリの開発者会議、デベロッパーのカンファレンス、SEOカンファレンス内で実施されたASOの講座から知見を得てカリキュラムを作成しました。

ほかにもサーチエンジンランドやサーチエンジンジャーナルなど、有力な海外のSEOニュースを研究してまとめた内容がカリキュラムに含まれております。

ローカルSEO


続いてSEO検定1級で学ぶのは、地元客を集客するローカルSEOです。



SEOの中でも有力なジャンルとして、ローカルSEOが挙げられます。

ローカルの意味は、地元もしくは地域です。ローカルSEOは地元地域のお客様を集客するための施策です。

歯科医・整体院・エステサロン、飲食店ホテル・病院・クリニック、法律事務所・行政書士・司法書士・税理士といった事業の場合、来店してほしいのは地元のお客様でしょう。

全国や海外のユーザーを対象にしたナショナルSEOとは対策も異なります。ローカルSEOを実施したいと相談される機会は多いでしょう。

SEO検定の最高峰の級として、SEO検定1級では、ローカルSEOについて詳しく述べています。知識を学ぶと周辺企業やお店に貢献するスキルを獲得出来ます。

ナショナルSEO


SEO検定1級では、ローカルSEOの正反対の全国レベルで集客するためのナショナルSEOについて、説明しています。



ナショナルSEOは、ローカルSEOと反対の手法を実施します。

ローカルSEOを理解していると、かなり効率的に早く全国レベルの集客であるナショナルSEOも学べるでしょう。

ナショナルSEOは、全国のユーザーに自社サイトを見てもらうためにSEOを実施するのが重要です。ナショナルSEOを実施するには、サイトのコンテンツは、次のような構成になるでしょう。

(1)コンテンツのテーマは地域性の低いものにする
(2)全国各地をテーマにしたコンテンツを増やす
(3)全国のユーザーのトラフィックが集まることを目標にする

ローカルSEOとナショナルSEOと両側面からSEOについて触れているのも、ほかにはないSEO検定1級の特徴といえるでしょう。

ペナルティからの復旧


SEO検定1級で最後の重要な学習ポイントとしては、検索順位を回復するためのペナルティ復旧の方法が挙げられます。



毎日、全国各地から企業や個人だとアフィリエイターさんたちから、検索順位を上げるための相談を受けています。

その中でも一番多いのは、Googleのアルゴリズム変更により表示順位が落ちてしまったので、ペナルティからの回復を希望する相談です。

SEOに関する知識の応用対象のほとんどが、検索順位が非常に落ちてしまって困っている人を救うためです。

SEOをこれから学びたいと思い、SEO検定1級を勉強しようとする方は、ペナルティからの復旧について、しっかり覚えておくとよいでしょう。

ここまでSEO検定1級の主だった内容について説明しました。

出題範囲と難易度


続いて試験の出題範囲と難易度について解説します。



SEO検定1級は試験範囲が広く、長年SEOを真剣にやってきたような方であれば合格できるでしょう。ただ、知識があり合格できるだけでは不十分です。

合格するには


SEO検定1級は本を読んで学び、検定に合格すればよいだけではありません。SEO検定1級に合格しても、SEOの知識だけで仕事に活用するのは難しいでしょう。

SEO検定1級の技術を用いて、改善し実行するには、Webサイトのコーディングやレイアウト変更も必要です。システム開発担当、Webデザイナー、会社内の各部署と連携が必要で、チームワークが大事です。

SEOの知識以外のコミュニケーションやWeb全般の知識がない状態では、他部署との連携が可能なのか、課題が残ります。

4級、3級、2級でSEO以外の必要な知識を習得しよう


SEO検定1級合格者を名乗るならば、SEO検定1級の知識のみならず、さらに広範囲にわたるWebの知識も必要でしょう。

SEOの業務経験がなくても、SEO検定は4級・3級・2級と階段を登るように知識をレベルアップできるように設計しております。

SEOの知識だけではなく、最低限のWeb全般の知識、ビジネススキルやリテラシー、マーケティングの意味も理解するのが重要です。

4級、3級、2級のテキストページ数





表:SEO検定1級〜4級のテキストページ数

SEO検定1級は、試験範囲が4級〜1級までの全範囲にわたるため、4級〜1級までの4冊の知識を習得する必要があります。

4級から1級までの知識を習得し実行すると、SEOに関する相談はほとんどのものを具現化できるでしょう。SEO以外に付随するようなWebについての質問にも、高い確率で答えられて、場合によっては即答もできます。自分に自信が持てるようになります。

SEO検定の合格率


試験の合格率は公式サイトにも記載していますので、詳細はご確認ください。
得点率は他の級と同じように80%以上、つまり100点満点中、80点を取る必要があります。

合格率は次の通りです。
SEO検定 合格率とGoogleで検索すると表示されます。
2021年度の実績は次の通りです。



以上、SEO検定1級とはどのような検定なのか概要や試験範囲、合格率を解説しました。

まとめ:SEO検定はSEOの重要なポイントを網羅


SEO検定は4級から順に学ぶとSEOの業務経験がなくても必要な知識が身に付きます。

Webサイトやアプリでユーザーに検索された際、上位表示するには、Googleのアルゴリズムに沿った対策が必要です。モバイル版のサイトの改善を優先し表示順位が上がると、PC版のサイトの表示順位も変動します。

SEOを実施するには、モバイルサイトの改善だけでは不十分です。

アプリの最適化や、自分の事業がターゲットとするユーザーに向けた、ローカルSEOやナショナルSEOが必要であるとご理解いただけたのではないでしょうか。

また、Googleのアルゴリズムは不定期に変更されるので、表示順位の下落の影響を受けたクライアントから相談される機会も多いでしょう。

SEO検定1級で最新の知識を学ぶと、自分のサイトの表示順位だけでなく、クライアントの相談も解決でき、改善も期待できます。

検定の合格を目的とするのでなく、SEOの幅広い知識を習得するためにテキストを読むのもオススメします。

Googleのリスティング広告を買うと検索順位が上がる?!【第20問(2)】

2022年03月20日

前回の動画:SEO検定2級一問一答【第20問(1)】では、
被リンク元の意味とその重要性について解説しました。

今回の動画は
・Googleのリスティング広告を買うと検索順位が上がる?!【第20問(2)】
というテーマで解説します。

Googleのリスティング広告の購入はリンクの効果があるのか?



Googleにお金を払ってリスティング広告を買うこと。
これは素直に考えた場合、Googleがリンクしてくれるからすごく効果が出るべきではないでしょうか?
Googleはそれこそ質が高くて、人気もあって不正リンクになるようなサイトではないからです。

ですが、Googleが広告購入リンクの効果を出してしまうとルールは目茶苦茶なことになってしまいます。
Googleは被リンク元の数の時代から質の時代に変わってきていると言っているので、最も質が高いサイトであるGoogleがお金をもらってリンクを張るということになったら、検索順位を上げたい人たちはほぼ皆Googleに広告代を払ってリンクしてもらおうと考えるでしょう。
そうすると好ましくないサイトがまた順位が上がるという結果が出てきます。

ですから、リスティング広告の購入というのはもともと効果はありません。リンクの効果は0です。

ただ少し、ややこしいことがあります。
私がセミナーなどをやっていると、以前から受講者の方から、
「GoogleやYahoo!のリスティング広告を買っている時は自然検索の順位が高かったのが、広告を買う事をやめたら順位が落ちてきたのですが、Googleからのリンクは効果があるのですか?」という質問を数多く頂いてきました。

私はその時どのようなことを即答したかというと、どなた様にも広告効果そのものは全くありません!と言ってきました。

Googleが検索順位を決める時の基準は200以上あると言われていますが、そのうちの有力な1つが何回クリックされているかです。
Googleの検索結果上で各サイトが何回クリックされたか?
そしてサイトを見に行ったあと、どれほど長くそのサイトに滞在して戻ってきたのか?
という、サイト滞在時間を見ています。

ということで、そういった実績を人工的にお金で作ることが出来ます。
これはGoogleとしては防ぐことは出来ません。

そういうことで、Googleのリスティング広告の効果としてリンクの効果はありませんが、広告を買うことによって知名度が上がって、それがじわじわと自然検索からのアクセスを増やすことになり、Googleがそのサイトを人気があるからということで高く評価して、結果論として最終的に順位が上がるということが考えられます。

今回の動画:SEO検定2級一問一答【第20問(1)】では
・Googleのリスティング広告を買うと検索順位が上がる?!
というテーマの他に、
・コンテンツの購入
・ソーシャルメディア活用
についても詳しく解説します。

皆様のご視聴、お待ちしております。

全日本SEO協会・SEO検定公式サイトはこちらです。
https://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/

被リンク元の意味とその重要性【第20問(1)】

2022年03月20日

前回の動画:SEO検定2級一問一答【19問】(3)では
(1)地元客を集客するためのSEO戦略=ローカルSEO対策について解説
(2)地元客を集客しているサイトのデータをサーチコンソールで検証
(3)上位表示を実現したページの構成を検証
しました。

今回の動画は
・被リンク元の意味とその重要性【第20問(1)】
というテーマで解説します。

被リンク(inbound link)というのは、自分のサイトがリンクを受けるという意味です。
他のサイトからリンクをしてもらうことを被リンクと言います。

被リンクの反対は、発リンク(outbound link)です。
自分のサイトから他のサイトにリンクを発することを発リンクと言います。

そして、被リンク元というのは自分のサイトに張ってくれている元となるサイトのことです。

2012年頃までのGoogleで上位表示するSEO対策においては、決め手となるものがありました。
それは、自分のサイトがいかにたくさんの数のサイトからリンクしてもらうか、被リンクを受けるという被リンク元の数が重要でした。

どんなにつまらない内容のサイトでも、たくさんの他のサイトからリンクをしてもらうだけで、このサイトは人気があるとGoogleが評価して人気がないサイトよりも順位を高めていました。

とにかく数を増やすために自分でサイトを作ってそこからリンクを張るとか、色々な人にリンクを張ってくださいとお願いしたり、あるいはこちらがリンクをするからお宅もリンクを張ってくださいと頼み込むと、よほど酷いサイトでもない限り相手の方もリンクをしてくれました。
そして、被リンク元の数を集めれば集めるほど順位が上がっていきました。

2012年までは、そのような逆転現象がたくさん起きていました。

しかし、それではおかしなことになってしまいます。
被リンクを集めることが上手な人のサイトだけが上位表示してしまうという結果になります。

そして本来上位表示するべきサイトが、張り切って被リンク元を増やしたサイトと比べると、被リンク元が少ないというだけで不当に低く評価されて順位が落ちてしまうという、逆転現象が起きてしまいます。

そこでGoogleは、そのようなおかしな現象を是正するために質を評価するようになりました。
被リンク元の数だけではなく、質を評価する基準をGoogleは年々増やし、不正リンク購入の効果は年々低下するようになりました。



ということで、Googleは数の時代から質を評価する時代に入ってきました。
ですから被リンク元は数だけではなくて、むしろ質が大事です。
そういった傾向は年々増加しています。

今回の動画:SEO検定2級一問一答【第20問(1)】では
被リンク元の意味とその重要性について、詳しく解説します。

皆様のご視聴、お待ちしております。

全日本SEO協会・SEO検定公式サイトはこちらです。
https://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/

上位表示を実現したページの構成を検証する!【第19問(3)】

2022年03月20日

前回の動画
・地元客を集客しているサイトのデータをサーチコンソールで検証する!【第19問(2)】では
私のクライアントさんの成功事例をサーチコンソールで検証しました。

今回も前回に引き続き、地元客の集客に成功しているWebサイトのデータを検証していきます。

お役立ち情報ページに限らず、セールスページ自体もしっかりしたページでないとさすがに難易度が高いキーワードでは上位表示できません。

それでは、ローカルSEO対策で成功した私のクライアントのWebサイトのセールスページを検証してみましょう。

まずは、画像が多い事が重要です。
前回の動画でも話しましたが、関連性が高くてオリジナルの画像が10枚以上あると良いのですが。
どうでしょう?

…20枚はあります。ほとんどがオリジナルです。
前半の女性のモデルさんは素材集だと思いますが、モデルさんの写真以外は自分で撮った写真が掲載されています。

テキスト量は何文字くらい書いてあるでしょう?
上から下までを範囲指定してコピーして、「文字数カウント」というサイトに行って貼り付けます。

http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm



3400文字も書いてあるので、充分です。

サイト内リンクがあるかどうか?
文中から関連性が高いサイト内リンクがあるか?

1件、2件、3件…12回もサイト内リンクがありました。

あとは、コンテンツ上で主張している情報の根拠となる外部サイトへのリンクがあったほうがこのページのコンテンツの信憑性が高まって順位が上がりやすくなるのですが、それをやっているか?
外部リンクがあるかを見てみましょう。

ありました!○○○○学会にきちんとリンクをしています。そして直前で言っていることと関連性が高いコンテンツがあるページにリンクを張っています。
上位表示の条件として、これは非常に重要なことです。

出来れば動画も貼ったほうが良いということを私は話しましたが、動画も掲載しています。
オリジナル動画です。このページを参考にして作ったYouTubeの動画です。

YouTubeに動画をアップしたらアップしたままではなくて、必ず関連性が高い自分のWebサイトとか、ブログの中にも貼ってください。
よくサイドメニューやフッターメニューに貼る人がいますが、全然インパクトがないからそれはNGです。必ず記事の中に貼ってください。

ユーザーが動画を押す1番の動機は、今読んでいることに関連した動画があったときに押すからです。

今回の動画
・上位表示を実現したページの構成を検証する!【第19問(3)】では、
ローカルSEO対策で地元客の集客に成功して上位表示しているクライアントさんのWebサイトのセールスページを詳しく検証していきます。

皆様のご視聴、お待ちしております。

全日本SEO協会・SEO検定公式サイトはこちらです。

地元客を集客しているサイトのデータをサーチコンソールで検証する!【第19問(2)】

2022年03月20日

前回の動画
・地元客を集客するためのSEO戦略【第19問(1)】では、
地元のお客さんに自分のお店に来てもらうためには、アクセス数=トラフィックを増やさなくてはいけない。そのためには、無料お役立ちページを充実させていくことが大事。ということを解説しました。

それが垣間見えるのが、Googleさんが無料で提供しているサーチコンソールです。

今回の動画は
・地元客を集客しているサイトのデータをサーチコンソールで検証する!【第19問(2)】
というテーマで解説します。

私が以前契約していた歯医者さんのクライアントさんのサーチコンソールのデータを見ていただけますか?

Googleサーチコンソールの中の「検索パフォーマンス」を見ると、Googleの検索結果上でどういうキーワードで上位表示しているときにクリックしてユーザーがサイトに来ているのか?
そういった詳細がわかります。
ご覧ください。



私がコンサルティング契約した頃はこの方の意識としては、セールスページしか作っていませんでした。

セールスページというのはどのようなものがあるかというと、このようなものです。



商品・サービス案内ページ、当院の特徴、当院の紹介、アクセスマップとか、院長ごあいさつなどの売上に直結するようなもの…尚かつ、地元の人にしか意味のない情報がセールスページです。
少なくても12種類くらいあります。

そこで、この方は意識を変えて、その後無料お役立ちページというものを作りました。

前回解説した「インプラントとブリッジの違い」というモデルに則して私が提案したことは、「ジルコニア セラミック 違い」とか、「セラミック ジルコニア 違い」、「ジルコニアとセラミックの違い」などでしたが、こういう言葉で上位表示するための無料お役立ちコンテンツを作りました。

実際に検索してみると、5位くらいにきちんと出ています。

この方は無料お役立ちコンテンツをどのような形で作ったかというと、質疑応答という形でQ&Aとして作りました。
少しわざとらしい質問を考えて、それに院長さんが回答するという形で言いたいことを話しています。

上位表示するためにはどういう構造が良いかというと、オリジナルの画像、かつ狙っているキーワードと関連性が高い画像がたくさんあると良いのです。

あとは文章量です。最低でも1000文字くらいはあったほうが良いです。

そして、関連したページにリンクが張ってあることが大事です。
サイト内にある関連性が高いページに文中からリンクを張ることです。
………

今回の動画では、地元客を集客しているサイトのデータをサーチコンソールで、全日本SEO協会の鈴木将司が検証します。

皆様のご視聴、お待ちしております。

全日本SEO協会・SEO検定公式サイトはこちらです。
https://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/
プロフィール
こんにちは!
全日本SEO協会スタッフです。
このブログでは、当協会が主催しているSEO検定の日程スケジュールや申し込み状況、合否通知の発送、その他、お役立ちコンテンツをお届けします。

最新情報はTwitterでも発信していますので、Twitterのフォローもよろしくお願いします!

SEO検定公式サイト
https://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/
SEO検定公式Twitter
@alljapanseo
https://twitter.com/alljapanseo
<< 2022年 03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事