HOME > ご挨拶

ご挨拶


近年、インターネットを活用した集客が普及しWebサイトを持つ企業数は年々増加の一途をたどっています。

そのためWebサイトの数が増えれば増えるほど自社商品の存在を知ってもらうことが困難になるというジレンマを多くの企業が抱えるようになりました。

より短期間に自社商品の存在を見込み客に知ってもらうための手段として検索結果ページに表示されるリスティング広告が急成長し、その出稿数もそれに伴い増加するようになりました。ただしそれはWebサイトを持てば集客が低コストで可能になるという本来のWebサイト開設の趣旨に逆行するという第二の矛盾を生み出すことにもなりました。

そうした中、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)という技術が生まれ国内外の多くの企業が実践し低コストによる集客を可能にしました。

しかし、その技術の多くはネットの専門用語が多用されており、SEO初心者はもとよりWebに関する知識を学んでいない方にとって近寄り難いもののままでした。何故ならSEOは確立された技術体系というよりは過去の経験の積み重ねによる経験知のままでありその実践には多くの経験とそれを得るための長い時間が求められたからです。

SEO検定の目的は、SEOを確立された技術体系としてインターネットの起源と検索エンジンの起源にまでさかのぼり、現在までの歴史的流れを説明しながらSEOの実践方法をSEO入門者にも分かりやすく解説するものです。

そしてすでにSEOを企業の現場で実践しているSEO実践者はSEO検定を受験することにより、これまで曖昧で不確かだったSEO技術を体系的に学ぶことにより企業内の他の部門や経営陣に対して説明可能なSEO施策を習得することが可能になります。

SEOの最大の魅力は、「実施する施策の成果が全て順位やアクセス数という形で数値化される」ことと、「それらの数値を改善することにより個人と企業がやる気と自信を持てるようになる」という点です。

インターネットを活用した集客活動のコストが年々増大する中で、今企業に求められている人材は社内でSEOを実施して企業の低コストによる新規客の獲得を実現する確かなSEO技術を持つWeb担当者です。SEO検定がこれからSEOを学び社会で大きく活躍しようという方の一助になることを心より祈念しています。

2017年2月吉日

一般社団法人全日本SEO協会
代表理事 鈴木将司

お問い合わせ先

お問合せフォーム

電話番号




当協会が取り上げられたマスコミ

協会概要プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記お問い合わせお申し込み

Copyright (C) 2007-2017 All Japan SEO Association All Rights Reserved.

PAGE TOP▲