マイページカートを見る

企業の集客力を高める目標キーワードの設定方法が学べる!

SEOをする上で最も重要なプロセスは、サイト内のどのページをどの検索キーワードで上位表示を目指すのかを決める目標キーワードの設定です。

このことが重要である理由は、目標が間違っていたら仮に上位表示したとしても自社サイトに見込み客を集客することは出来ないからです。

有効なデータの集め方・見方・活用法が学べる

SEO検定3級では、正確なデータを収集するためのツールは何か、それをどのように使えば集客出来るキーワードを見つけることが出来るかを詳しく解説しています。

不確かな経験や勘に頼るのではなく、誰もが納得のいく客観的な事実に基づいた説得力のある効果的な計画の立て方を学ぶことが出来ます。

近年重要性を増している内部対策に対応するノウハウ

サイト内部の改善方法を知る事は近年重要性を増してきています。

その理由は、Googleの度重なるシステム更新により、かつてのように外部サイトからのリンクを集めるだけで順位が上がるということは無くなったからです。

むやみにリンクを集めても検索順位は上がらなくなりました。

今、企業が求める内部対策技術を基礎から学べる!

リンクを集める単純なSEOではなく、サイトの内部を改善する技術を知らなくては検索順位は上がりません。
しかし内部改善の技術を知る人材が不足しているのが現状です。そのため多くの企業がスムーズな方針の変更が困難な状況にあります。
SEO検定3級のカリキュラムはこうした企業からの要請に応える人材を育成するために作られました。

最新技術と海外の最先端の情報に裏付けされた技術体系

SEO検定3級のカリキュラムは企業の現場において、日々実験と検証を繰り返しノウハウ化された最新技術と海外の最先端の情報に裏付けされたものです。

確かな最新技術を最短で獲得し、企業が求めるSEO担当者への道が開けます!

日本のSEO教育第一人者鈴木将司と情報技術研究各界の
トップ研究者たちが作成した信頼のカリキュラム

《カリキュラム監修》 東京理科大学工学部情報工学科 教授 古川利博 
《カリキュラム執筆》 一般社団法人全日本SEO協会 代表理事 鈴木将司 
《特許・人工知能研究》 一般社団法人全日本SEO協会 特別研究員 郡司武 
《モバイル技術研究》 アロマネット株式会社 代表取締役 中村 義和 

3級 カリキュラム

  • 第1章 検索キーワードの需要調査
  • 1、SEO 技術の3大要素
  • 2、検索キーワードの需要を調べる
  • 3、Google キーワードプランナー
  • 4、Google 検索キーワード予測
  • 5、その他デジタルツール
  • 6、アナログツール
  • 第 2 章 検索キーワードのパターンと目標設定
  • 1、成約率の高いキーワード
  • 2、訪問者数を増やすキーワード
  • 3、シングルキーワード
  • 4、複合キーワード
  • 5、長文検索
  • 6、キーワードのバリエーション
  • 7、目標キーワードの設定
  • 8、大目標=ビッグキーワード
  • 9、中目標=ミドルキーワード
  • 10、小目標=スモールキーワード
  • 第 3 章 上位表示するページ構造
  • 1、内部要素の技術要因
  • 2、3大エリアにおけるキーワードの書き方
  • 3、ページテーマの絞込
  • 4、キーワード分布
  • 5、通常ページと一覧ページ
  • 6、ページ内の文字数
  • 7、正味有効テキストをGoogle は評価する
  • 8、文章構造を示すタグ
  • 9、キーワードを強めるタグ
  • 第 4 章 上位表示するキーワード出現頻度
  • 1、キーワード出現頻度の重要性と測定ツール
  • 2、トップページのキーワード出現頻度
  • 3、サブページのキーワード出現頻度
  • 4、カテゴリページのキーワード出現頻度
  • 5、サイト全体のキーワード出現頻度=コンテンツキーワード
  • 第 5 章 上位表示するサイト内リンク構造
  • 1、上位表示と成約率アップを目指すレイアウト
  • 2、スマートフォンサイトのサイト内リンク
  • 第 6 章 上位表示するサイト構造
  • 1、ドメイン構造
  • 2、論理構造
  • 3、インデックス状況の確認
  • 4、サーチコンソール
  • 5、インデックスの改善方法
  • 6、インデックスするページのコントロール


当協会が取り上げられたマスコミ

協会概要プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記お問い合わせお申し込み

Copyright (C) 2007-2017 All Japan SEO Association All Rights Reserved.

PAGE TOP▲