HOME > SEO検定2級 問題解説 > 最も簡単に自社サイトのアクセス数を増やす方法

最も簡単に自社サイトのアクセス数を増やす方法

2022年11月20日

既存客に自社サイトを一度きりではなくて、何度も訪問してもらえればサイトのアクセス数が増えてGoogleからの評価が高まります。その結果サイト内にあるWebページの検索順位が上がりやすくなります。

Googleはどのように検索順位を決めているかというといろいろな要因・基準がありますが、その要因・基準の1つは、「そのサイトは人気があるか?」というものです。

Googleは検索順位を決める時に、そのサイトにたくさんのアクセス数が発生しているかという点を、検索結果からの来訪者数から見ています。

既存客に自社サイトに一度だけでなく、何度も訪問してもらえれば、そのサイトのアクセス数が増えやすくなります。

そして、ここからが大事です。
実は既存客に自社サイトにアクセスしてもらうことは、回りくどいSEOなどをしなくても、クリック一発でできることです。
それがメールマガジンや、メールでのお知らせという方法です。

知らない人からメールが来ることは、確かに迷惑です。
朝起きたときや、会社へ出勤したときに、メールソフトを立ち上げて不要なメールを削除する作業をしている人は多いと思います。

そういう方は、人が望まないメールを人に送って毎日何十分も無駄な時間を人から奪うことはとんでもない迷惑行為だと思うのではないでしょうか。
人が望まないメールを出されて迷惑しているから、自分も出したくないと考えるのは確かにわかります。

それでも私たちは毎日メールをチェックします。そして読むべきメールを選別して見ています。

役立つブログ記事をアップして、これを見てくださいと言って告知すれば、受け取った人の印象としては、 これは私に役立つことを教えてくれそうだということで、何回か無視したとしても、何度目からは見るようになってくれることもあり得ます。

1つの企業から送信されたメールをほとんどの場合は無視していても、たまたま自分に興味あるものが来たときにそのメールをクリックしてみることは、皆さんも経験があるのではないでしょうか。

メールマガジンや、メールでお知らせすることで、一カ月の売り上げが例えば600万円でしたのが700万、800万円になるかもしれません。
本来ならSEOの予算をたくさんかけていろいろなお役立ちページを作って大変な思いをしなくてはならない。
またはYahoo!やGoogleのリスティング広告を買って1クリック何百円も払ってかなりのお金を投資しなくてはならない。

ですが、メールだったら、クリック1発で出来てしまいます。だからクリック1発でできるメールマガジンを出してほしいわけです。

ほとんどの人は自分が迷惑メールを受けて嫌だから自分は出したくないと思ってしまうのですが、何も全てのメールが迷惑メールにはなりません。

役立つブログ記事をアップして、これを見てくださいと言って告知すれば、受け取った人の印象としては、又あそこはくだらないものを売り込みに来たというのではなくて、“私にちょっと役立つことを教えてくれそうだ”ということで、何回か無視したとしても、何度目からは見るようになってくれることもあり得ます。

メールマガジンやメール配信は非常にコスパの良いやり方です。


メール配信はどれほどの効果があるか?
一つの例として、私がメールを出した時のアクセス数の伸びと、出していないときのアクセス数のデータを、約3年前から今日までのGoogleアナリティクスで検証してみましょう。

それを見るためにはどうしたらいいかというと、

「集客」をクリック、「すべてのトラフィック」→「チャンネル」を押します。



そうすると、こちらです。
Direct(ダイレクト)というのが増えているときがメールマガジンを出したときです。
Directというのは、よそのメディアを介さないで直接ウェブサイトに来たという意味です。
ブラウザのURL欄に直接入れて来た人や、ブックマークから来た人、そしてメール経由です。

Directになるもう1つの切掛けはメールです。
メールがある人から届いたときに、メールの本文にあるURL・リンクのところをカチャっと押すと、いきなりブラウザが立ち上がります。
これは相手からすると直接ブラウザからきたという扱いになるわけです。

特段の設定をしていない限り、GoogleアナリティクスのDirectで来た人たちのアクセス数がわかります。
そしてメールマガジンを出した日がこのDirectでは突出して伸びている日です。

メールは漠然と出すのではなくて、メールの中にユーザー・読者に見てほしいアドレスを書いておけば、それがどれだけ見られたかというのをGoogleアナリティクスのDirectでチェックすればわかります。

例えば、弊社が今日数時間前にメールを出したとした場合。

「リアルタイム」を押します。

リアルタイムの「概要」を押すと、今現在、弊社のサイトを10人が見てくれていますが、このうち何処から人が来ているのかがわかります。


普段弊社は瞬間的には7人程度しか見てくれていませんが、メルマガを出した直後は40人、50人、ときには何百人になることもあります。
こういうところで効果測定してみてください。

あるいはメールを出すときに、リンク先のURLの最後のところにシャープ(♯)記号と何らかのIDなどを入れて置くと、そのURLで来た人だけをログで取得することができます。

そうすると、このアクセス解析ログのMailというところに表示することもできます。
こうやってメールの効果測定をしてみてください。

メールを出すことがどれほどアクセスを大幅に増やす力があるかということに驚くはずです。

ただ、このやり方の唯一の限界は、過去の人にしか見てもらえないというがもちろんあります。
ウェブ集客を成功させるためには、過去の人だけではなくて、むしろ新規の人たちにたくさん来てもらわなくてはいけないのです。

それはどこでわかるかというと
Googleアナリティクスでいうと、「ユーザー」→「概要」というところです。



ユーザー → 概要 というのを見ると、
「Returning Visitor」(リターニングビジター)というのがここに出てきます。
Returning Visitorというのは、過去このサイトに来た人のことです。リピーターみたいなものです。
それが弊社の場合は、10.9%です。

「New Visitor」(ニュービジター)。初めて訪れた人です。

というわけで、メルマガを出せばリターニングビジターが増えるだけですから、新規ユーザーはほとんど増えませんので、もちろんそういったデメリットもあります。

ほとんどクリック1つ、またはちょっとしたライティングさえできれば誰でもメールは出せますから、有益なメールでしたら遠慮なく既存客に出してください。

そしてそれがGoogleアナリティクスのDirect、またはMailというところにきちんと反映されますから、やりがいがすごく出るはずです。

今回SEO検定2級一問一答【第9問】では

・最も簡単に自社サイトのアクセス数を増やす方法【第9問(1)】
・メール配信の効果をGoogleアナリティクスで知る方法【第9問(2)】

という2つのテーマで全日本SEO協会鈴木将司が解説します。

皆様のご視聴お待ちしております。

全日本SEO協会・SEO検定公式サイトはこちらです。
https://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/

プロフィール
こんにちは!
全日本SEO協会スタッフです。
このブログでは、当協会が主催しているSEO検定の日程スケジュールや申し込み状況、合否通知の発送、その他、お役立ちコンテンツをお届けします。

最新情報はTwitterでも発信していますので、Twitterのフォローもよろしくお願いします!

SEO検定公式サイト
https://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/
SEO検定公式Twitter
@alljapanseo
https://twitter.com/alljapanseo
2022年 11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事