HOME > 2022年06月19日

2022年06月19日

何故、まとめ・ランキング・比較・口コミサイトばかりが上位表示するのか?【第30問(5)】

2022年06月19日

前回の動画では
まとめ・ランキング・比較・口コミサイトの解説をしました。

今回も引き続き
「何故、まとめ・ランキング・比較・口コミサイトばかりが上位表示するのか?」【第30問(5)】
というテーマで解説します。

検索ユーザーが物販系キーワードや地域ビジネスのキーワードでGoogleで検索したときに必ずと言っていいほど上位表示しているサイトが、ショッピングモールやポータルサイトです。

ショッピングモールやポータルサイトはたくさんの情報があるというのが素晴らしい長所ではありますが、情報があまりにも多いので探している情報を見つけるためにユーザーさんは様々な絞り込み検索をしなくてはならないということが短所でもあります。

そういったポータルサイトやショッピングモールの最大の欠点・短所を克服するものとして生まれてきたのが、まとめ・ランキング・比較サイトです。

物販系キーワードや地域ビジネスのキーワードで検索していくと、常に1位、2位に上位表示している○○○さん以外にもまとめ・ランキング・比較・口コミサイトでは、

△△△電気さんが家電量販店の売り場のサイトではなく、おすすめ14選というのが出てきています。
このサイトはほとんどアフィリエイターさん目線、個人の目線、消費者目線で紹介しているページになっています。
それぞれのメーカーの特徴を最初に紹介して、その後この商品が良いですよとそれぞれの商品の優れた内容・答を提供しています、これによってユーザーは考えなくて済むようになっています。
しかも提供している会社は△△△電気という有名な家電量販店ですので信頼性もあるから見られています。

Googleで見られているからこそ、Googleは評価して上位表示させているのでしょう。

そして「マスク」という難しいキーワードで検索すると、□□□というサイトが雑誌関連サイトにもかかわらず上位表示しています。



内容はまとめ買い向けマスクおすすめ5選ということによってユーザーは自分でも選ばないで済みます。
ユーザーはこの答をただ受け入れるだけでマスクを選ぶという苦痛から解放されるわけです。
これがページの提供している価値です。選ぶという苦痛から解放されます。

皆様も是非こういったまとめ・ランキング・比較・口コミサイトをゆっくりご覧になってみてください。
そうすると、ユーザーに求められる=上位表示されやすいページのコンテンツのパターンが見えてくるのではないでしょうか。

今回の動画では
★何故、まとめ・ランキング・比較・口コミサイトばかりがGoogle検索で上位表示するのかを全日本SEO協会の鈴木将司が解説します。

全日本SEO協会・SEO検定公式サイトはこちらです。
https://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/

ポータルサイトやショッピングモールよりも●●●サイトが上位表示する!【第30問(4)】

2022年06月19日

ユーザーの皆様がほとんどのキーワード、クエリで検索した場合
Googleの1ページ目に上位表示しているサイトというのは、次の4つのパターンです。

1、ショッピングモール or ポータルサイトSEO
2、まとめ・ランキング・比較サイト
3、チェーン店(3店舗以上)
4、地域一番店 or カテゴリ一番店(SEOが上手)



1、ショッピングモール or ポータルサイト
ショッピングモールとポータルサイトについては、前回解説しました。

2、まとめ・ランキング・比較サイト
まとめ・ランキング・比較サイトは、皆様も最近この数年間色々なクエリで検索するとよく見かけるのではないでしょうか。
典型的な例としては、「一度は行ってみたい軽井沢のお蕎麦屋さん十選」「必ず体験するべき○○○ツアー6選」「新宿のおすすめ焼肉13選」…等です。

まとめ・ランキング・比較サイトは何故上位表示しているかというと、
ショッピングモールやポータルサイトは確かにたくさんの情報があるという素晴らしい長所がありますが、逆に言うと情報があまりにも多いので、本当に自分が探しているものが見つからないことが多いのです。
または見つけられるけど、見つけるためには様々な絞り込み検索をして検索結果という作品をユーザー自身が作らなくてはならないので、ユーザーにとってある意味すごく面倒なわけです。

そういったポータルサイトやショッピングモールの最大の欠点・短所を克服するものとして生まれてきたのが、まとめ・ランキング・比較サイトです。

まとめ・ランキング・比較サイトを見ればユーザーがショッピングモールやポータルサイトでいちいち検索結果という作品を作らなくても、既に作品がもう出来ています。
13選とか6選というように、答えが見えているわけです。

さらにその中でもランキングのサイトでは、どこの店が○○○という理由で1位です、△△△だから2位ですとランキングまで乗っているから、ユーザーにはさらに都合が良いのです。
ユーザーが自分の頭で考えなくて良い、作品を作らなくても良いということですので、最短で購買申し込みという決断が出来ます。

試験で言うなら、もう答が出ているのです。答をいきなり貰えるわけです。
ショッピングモール、ポータルサイトでは答えは自分で作らなくてはいけない。その差が大きいのです。

今回の動画では
★ポータルサイトやショッピングモールよりもGoogle検索で上位表示するサイトは何かを全日本SEO協会の鈴木将司が解説します。

全日本SEO協会・SEO検定公式サイトはこちらです。
https://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/
プロフィール
こんにちは!
全日本SEO協会スタッフです。
このブログでは、当協会が主催しているSEO検定の日程スケジュールや申し込み状況、合否通知の発送、その他、お役立ちコンテンツをお届けします。

最新情報はTwitterでも発信していますので、Twitterのフォローもよろしくお願いします!

SEO検定公式サイト
https://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/
SEO検定公式Twitter
@alljapanseo
https://twitter.com/alljapanseo
2022年 06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事